当日だって間に合う!鶏手羽元とポテトのローズマリー風味

テレビCMでも話題!ホテル料金比較のトリバゴ

ご訪問ありがとうございます♪

今日は、おもてなし当日にも間に合うレシピをご紹介させて頂きたいと思います♪

鶏肉、ポテト、ローズマリー・・お馴染みのレシピかもしれませんが・・

鶏手羽元にじゃがいも、どこでも手に入る材料にローズマリーをちょっと使用しただけでなんだかグーンとおもてなし料理に変身しますのでおススメです^^

チャチャッと塩コショウをして、ローズマリーを散らしてオーブンに入れて焼くだけですので簡単です!( `・ω・´)キリッ

また、丸鶏と違い、1~2時間も焼く必要はございませんので、お客さんが訪問されてからオーブンに入れ、30~40分くらい談笑している間に焼いておけば熱々のできたてをサーブできるのでは・・と思います!

それでは作り方を・・

手羽元10本分の分量になります。

スポンサーリンク

材料

鶏手羽元・・10本

じゃがいも・・3~4個

ローズマリー・・5cm×6本分の葉をみじん切り

塩・・小さじ弱

こしょう・・少々

オリーブオイル・・少々

*塩(じゃがいも用)・・パラパラと2つまみ分を振りかける

*こしょう(じゃがいも用)・・少々

作り方

① 鶏手羽元は3箇所くらい切れ込みを入れておく。

② ①の鶏手羽元に、塩小さじ1とこしょうを振り、まんべんなく鶏手羽元に塗し10分程度置く。

③ ②を置いている間に、じゃがいもの皮を剥き、ひとくちサイズにカットし、軽く水に浸し水分をふき取り、耐熱器に入れ、レンジで3分程度軽く加熱する。

④ 天板にキッチンペーパーを敷き、軽くオリーブオイルを垂らし、鶏手羽元とじゃがいもを天板にのせる。

⑤ じゃがいもに軽く*の塩とこしょうを振る。少し上からオリーブオイルを垂らす。

⑥ ⑤を190℃に予熱したオーブンで、軽く焦げ目が付くまで30~40分程度焼く。

オーブンに依り、多少焼き時間は変わって来ますので焼き時間は調整してください。

じゃがいもは「インカのめざめ」を使用しました。

黄色の甘味のあるポクポクのじゃがいも・・みなさんは既にお召し上がりになったことはありますでしょうか・・?

インカのめざめとは・・

・アンデスの高級ジャガイモ「ソラナムフレファ」種を改良。

・他のジャガイモの糖度は5度程度なのに対し、インカのめざめは6~8度と糖度が高め。

・2002年には農林44号として登録された比較的新しい品種。

・収穫量は男爵の6~7割と少なく希少品。

【送料無料】幻のじゃがいも【インカのめざめ】5kg詰!北海道貴重な秋の味覚♪素材の旨さ100%!☆05P03Dec16

時短で作れるおもてなし向けメニューですので、ご参考にして頂けたら幸いです♪

お好みで、ニンニクの欠片を適量一緒にオーブンに入れても◎ですよ!

ご閲覧ありがとうございました♡

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です