イタリア風(!?)鶏のトマトクリーム煮

テレビCMでも話題!ホテル料金比較のトリバゴ

ご訪問ありがとうございます♪

今年もマイペースブログですが、どうぞよろしくお願いいたします!

今日は、私のお気に入りのレシピを紹介したいと思います^^

イタリア料理のカチャトーラをヒントに思いつきで作った料理になります。

少しのアンチョビで風味付け、少量の生クリームでコクを出すのがポイント(!?)

アンチョビで風味付けするので、コンソメ等の調味料は不使用!

作り方は簡単ですが、ちょっとしたおもてなしにも使えるかと思います!

おまけのお楽しみの食べ方も下部↓で紹介させて頂きますね!

カチャトーラとは・・

イタリア語で「猟師風の」という意味。

基本的なカチャトーラのレシピでは、まずオリーブ油をフライパンで熱し、塩胡椒を振った鶏肉の両面を焼き、タマネギ等の野菜を数分間炒める。

トマト缶、ワインを加え、蓋をして煮込んだ料理。

地域の依り、具や調理方法にバリエーションがある。

材料は約3人分になります。

スポンサーリンク

材料

鶏もも肉(ひとくちサイズにカット)・・1枚(300~400g程度)

塩・こしょう・・少々

玉ねぎ(5 mmくらいのスライス)・・中1個分

しめじ(お好きなキノコで可)・・1パック ※画像はエリンギ等もミックス

アンチョビ・・3~4枚(アンチョビペーストの場合は小さじ1/2~1 ※調整してください)

オリーブ油・・大さじ1

にんにくみじん切り・・1~2片

ローリエの葉・・1枚

白ワイン(赤でも可)・・50 ml

水・・250 ml

トマトペースト・・2袋(大さじ2)

塩・・小さじ1/3くらい

砂糖・・小さじ1

こしょう・・少々

生クリーム・・50 ml

作り方

① 鶏肉に塩・こしょうをし、10分くらい置く。

② 厚手の大きめのフライパン若しくは鍋にオリーブ油、ローリエ、ニンニク、アンチョビを入れたら弱火でじっくり香り立つまで2分程度炒める。

③ ②に①の鶏肉を加え、表面の色が変わり、少し皮に焦げ目が付くまで数分炒める。

④ ③に玉ねぎを加え、焦がさないように注意しながら、玉ねぎが半透明になるまで炒める。

⑤ ④にキノコを加え、サッと1分程度炒めたら、ワインを加え一度強火にしてワインを沸騰させアルコールを飛ばす。

⑥ ⑤に水を加え、沸騰したら火を弱めの中火にし、アクを取り除く。

⑦ アクを取り除いたら、トマトペーストを加え軽く混ぜ、蓋をして15~20分煮る。

⑧ ⑦に塩・砂糖・こしょう・生クリームを加え、スープに艶がでてくるまで数分煮て完成!

他、玉ねぎの他にセロリを加えたり、キノコはマッシュルームで、塩こしょうをハーブソルトで風味付けしても更に洋風になり、美味しいかと思います!

(安値の材料で簡単に作ってしまいました 笑)

そして、おススメは、倍量作り、翌日にはサイドディッシュでこんな食べ方をするのも楽しみのひとつです!

ジャジャーン♫

ココットに入れ、シュレッドチーズをのせてグラタン風にして食べます!!

オーブン(トースターでも可)焼いて余分な水分が飛んでギュギュッと濃くなった熱々のクリーム煮もまた一味違って美味しいですよ~♫

他、気持ち濃いめに味付けをして、パスタに絡めても◎ですし、ちょっと多めに作って翌日のランチにするのも良いかと思います!

ご参考にして頂けたら幸いです♪

ご閲覧ありがとうございます♡

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です