ベトナム風☆青パパイヤのサラダ

テレビCMでも話題!ホテル料金比較のトリバゴ

ご訪問ありがとうございます♪

先日、青パパイヤの代わりにニンジンで作ってみた「ベトナム風キャロットラペ」

青パパイヤをお手頃価格で見つけましたため、今日は

青パパイヤサラダ

のレシピを紹介します。

スポンサーリンク

青パパイヤの栄養素

パパイン・・プロテアーゼ(タンパク質分解酵素)の中のシステインプロテアーゼに分類される酵素。

脂肪細胞の分解、消化機能を高め、腸内環境の改善に効き目があるとされています。

青パパイヤの酵素の量は熟したパパイヤの約10倍。パイナップルの約6倍。

成熟したパパイアにはあまり含まれていません。

複数の植物性加水分解酵素を含むため、タンパク・脂肪・糖分を同時に分解します。

ベトナム語で「ゴイ・ドゥー・ドゥ」(gỏi đu đủ)と呼ばれております。

1個あたり500g程度でしたので半分使用してみました。

中はこんな感じです。

005

映画 青いパパイヤの香りに出て来るパパイヤと種類が違うのかな・・

映画では細長く種もぎっしり入ったパパイヤでしたが・・(ちなみに購入したのは国産の物)

ムイ(主人公の少女)になった気分で パパイヤをカットしてみましたが種スカスカw

改めて映画を観るとムイの少女時代の子役が、同じアジア人から見ても、おそらくアジア人以外の方が見ても万国共通で受け入れられるような悶絶級の可愛さ♡

1993年の映画なので、もう立派な女性になっているでしょうけど、出演したのは青パパイヤだけみたいです。

私自身、青パパイヤを調理するのは初めてになります。

包丁だと扱い悪いです・・。皮剥きも中身も含めてピーラーを使用して後に千切りにした方が楽チンでした。

前置き長くなってしまいましたが作り方を・・!

分量は2~3人前できました。

材料

青パパイヤ・・半分(250g程度)

ニンジン・・1/2本

クラッシュピーナッツ・・大さじ3くらい

お好みのハーブ・・適量

※私は、大葉5枚千切り、パクチー1茎みじん切り、ミントの葉をわさっと一掴み入れました。

ドレッシングの材料

湯・・50ml

砂糖・・大さじ2~2と1/2

スイートチリソース・・大さじ1

ライム若しくはレモン汁・・大さじ1

酢・・大さじ1

ヌクマム・・大さじ1

ブラックペッパー・・少々

004
作り方

① 青パパイヤはピーラーで削り千切りにして、水に浸しアク抜きをする。(途中2~3度水を代える←その間にドレッシング作りをする)ニンジンも千切りにしておく。

② 大きめのボウルにまず砂糖を湯で溶かし粗熱を取り、他のドレッシングの材料を入れ混ぜ合わせておく。

③ ①の青パパイヤの水気をよく切り、ニンジン、ピーナッツ、ハーブを②のドレッシングの中に入れ、優しく混ぜて完成。

苦手でなければ、是非ミントの葉は入れてください!

リフレッシュ効果もあるのか、身体がスカッとします。

(ハーブをふんだんに使う・・そこがベトナム料理に魅了されてます。)

こちらも苦手でなければ、パクチーと大葉も入れて頂くと、トリプルハーブで気分も爽快になれますよ (v^ー°)
沖縄産 青パパイヤ約800g〜1kg(1〜2玉)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です