驚愕(゚ロ゚ノ)ノ 下水湯ってなんですの!?

ご訪問ありがとうございます♪

いきなりお料理のブログでふさわしくない表題失礼いたします・・ m(_ _;)m

台湾の食堂で初めてこのメニューを見た時はビックリしてしまって・・

(((((( ;゚Д゚)))))←こんな風でしたが、実は鶏もつのスープのことなんです・・。

先日の旅行では暑さに負けて食べ損ねてしまいましたので、さっそく作ってみました。

ちなみに下水は台湾語で家禽類のもつの意味らしいです。

台湾語で「Ha-sui」のように発音。下水は当て字なんだそうです!

(字体変えれば日本人の旅行者の注文増えると思うのにな・・笑)

材料

(2~3人分)

鶏もつ(レバー・ハツ・砂肝)・・・300g

塩①・・・小さじ1/2

沸騰直前の湯・・・適量

水・・・1リットル

ネギの青い部分・・・1本分

ショウガの皮・・・使用する分量分

酒・・・大さじ2

ショウガ千切り・・・大さじ2杯くらい

塩②・・・小さじ1/2

しょうゆ・・・大さじ1

ネギ小口切り・・・10cm分くらい

コショウ・・・少々

DSCN0573

こんな感じ。

作り方

①鶏もつは適当な大きさにカットし(砂肝は筋を取る)塩①で軽く揉み水洗いをし水気を切る。

②沸騰しない程度の(しゃぶしゃぶを作るくらいの塩梅)湯で2~3回程度鶏もつの表面が白くなる程度に湯通しする。

※ポイント:レバーの臭みの原因のアラキドン酸は高温加熱で発生するので、沸騰させない湯で湯がきます。

③鍋にショウガの皮、ネギの青い部分を入れ沸騰させないように5分くらいかけ、ネギとショウガの香りを出す。湯にショウガとネギの香りがついたら取り出す。

④ ③の火を若干弱め、①の鶏もつを加え、酒、塩、千切りショウガ、しょうゆを加え沸騰させないように10分程度(途中で灰汁を取る)加熱する。

⑤火を止め、ネギの小口切りとコショウを振り完成。

かなりアッサリ味ですので、風味が足りないと感じたら鶏ガラスープの素等で味を調整してください!

レバーが苦手な場合は、砂肝だけで作ってもOKです (^▽^)/

思っていたより鶏もつの臭みもなく、アッサリ味ですので今の季節にオススメです!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です